デッドスペースをうまく利用した収納棚

ソロモビリアが製作する、家具の中でも特に「引出収納」は引出の奥行きを多くとっても、スライドレールという金物の可動範囲が限られているため、奥の方まで使用できないことが多くあります。
そのため引出収納は通常あえて引出部分を浅くすることがあります。
今回は、このデッドスペースになる部分をうまく利用させて頂いた例をご紹介します。

引出+片開き収納棚です

ご注文下さったお客様は、長物(カサや子供用のスキー)を収納されるそうです。
この写真からは収納部分が御座いません。

側面部分に片開き戸を付けました。これにより長物の収納が可能になりました。デメリットとしては、組み立てが非常に難しくなるので、工場で組みあがった状態でヤマト運輸家財宅急便にてお送りしました、送料が若干多くなってしまいましたが、組み立ての手間を考えると、お得だと思います。

 

 

関連記事

PAGE TOP