リーズナブルな価格で幅・奥行・高さを1mm単位のピッタリサイズ 収納家具・オーダー家具の専門店

制作例

お役立ち情報(仕上げ素材)

お役立ち情報(サイズ)もご参考ください。

フルオーダーのお問合せやご注文の流れ

FAX・イラストでのお問合せ

①天然木化粧合板(突板)・・・

DSC00391
正確には天然木突板練付(”ツキイタネリツケ”と読みます)化粧合板と呼ばれています。
原木をごく薄く(0.2~0.5mm)スライスしたものをシート状にし、家具の場合、定寸の合板(ラワンベニヤ)に圧着(練付:ねりつけ)したものを使用します。合板の厚さは2.5mmから4mmが一般的ですから、その後フラッシュ等合板加工の工程を経て家具用の板材になります。
同じ材でもスライスの方法によって「柾目」や「板目」と呼ばれる木目が取れ、当然ながら同じ樹種でも木目は一本ごとに微妙に違います。それが天然木の良さでもあり、「偶然の美しさ」と出会える喜びがあります。

製作上加工性が良く、割れや反りと言ったムク材のような弱点もほぼ解消し、ムク材より圧倒的に安価なので現代高級家具の主流となっています。木本来の肌触りや木理などが比較的手軽に楽しめる素材です。


②天然木ムク材・・・

DSC02712
無垢材はオーダー家具では、最高級の素材に位置しますので、価格も木材にもよりますが、何十万単位も珍しくありませんが、その金額の価値は十分にあると思います。「総ムク」の家具は桐や檜など一部の材を除き、日本の気候、材の含水率を考えますと、「割れ」や「反り」が生じ易い環境にあります。塗装で木材の呼吸による収縮をある程度抑えることが出来ますが、塗膜をタップリと厚く塗った家具は木肌を感じる事が出来ず、木本来の味わいを損なう事にもつながります。
天然のムク材は、節や芯を持ち、長さに限界があり、家具用材として使うには相当な時間乾燥させなくては割れや変形が生じます。オーダー家具では主に桐タンス、テーブル、ベンチ、椅子、家具の天板、扉に使われる事が多いかと思われます。
いずれにしましても天然ムク材は価格が化粧合板に比べるとかなり高価になってしまいますので、使い分けも重要かと思います。


③集成材(積層材)・・・

DSC00652
ムク材の弱点を補うため集成材は開発されました。
集成材とは、製材された板(ひき板)あるいは小角材などを乾燥し、節や割れなどの欠点の部分を取り除き、繊維方向(長さの方向)を平行にして、長さ、幅及び厚さ方向に接着剤を使って集成接着した家具、建築等の材料をいいます。
ムク材の欠点を除き、精度と強度を加えたのが、集成材です。
集成材というと「廃材の寄せ集め」と思う方もいるかと思いますが、集成材はひき板を所定の含水率まで乾燥させ、節や腐れ、割れなどを切り取った良質材を集めて接着させていますから、この考えは間違いであると言えます。オーダー家具では集成材も主にテーブル、ベンチ、椅子、家具の天板に使われる事が多いかと思われます。
集成材は無垢材と比べて価格はお安いですが化粧合板等に比べると高価になってしまいますので、使い分けも重要かと思います。


④メラミン・・・

DSC00662
正式な名称は低圧メラミン化粧板。
プリントされた(パターン)紙にメラミン樹脂を含ませて熟を加え、何枚も貼り合れせて圧着し、表面処理した厚さ約1.2mmの樹脂板のことで、硬度、強度、耐摩耗性に優れ、傷がつきにくいことからテーブルの天板やカウンタートップによく使用されます。柄は単色・木目柄・石目柄、抽象柄など様々な色、柄があります。塗装などの工程もなく製作出来ますので、比較的に短納期で仕上げる事が可能です。


⑤両面メラミン樹脂パーチクルボード・・・

s1
パーチクルボードとは木材片を圧縮、接着した工業製品です。
そのパーチクルボードの両面に低圧メラミン樹脂を貼った製品が低圧メラミン両面貼りパーチクルボードです。熱や汚れに強く、木口にエッジテープを貼れば部材の出来上がりです。塗装などの作業はまったく必要ありませんので、低価格(リーズナブル)、短納期で仕上げる事が可能です。もちろん、本格的家具(アセンブラ家具)も簡単に作れます。


⑥ポリ化粧合板・・・

DSC01454
正式な名称はポリエステル化粧合板。
最近のオーダー家具の仕上げ材で一番多く使う材料です。表面は天然の木ではなく、ポリエステル樹脂で成型された合板の事です。
最近のポリ合板はエンボス加工を施した木目調の柄などもあり、手触りなどもかなり天然木に近づきつつあります。 塗装が剥げることなどがほとんど無く、耐水性も良いため、キッチン周りや玄関の下駄箱などによく使われる素材です。柄は単色・木目柄・石目柄、抽象柄など様々な色、柄があります。ポリ合板も塗装などの工程もなく製作出来ますので、比較的に短納期で仕上げる事が可能です。

価格はメラミン>ポリ板なので同じ柄が揃う場合は家具の部位によって使い分けをする事が多く、予算に応じた設計をする事が殆どです。


ウレタン樹脂塗装鏡面仕上げ・・・

ポリウレタン樹脂塗料を用い、表面に硬い塗膜を作るタイプの塗装で、鏡面のようなツヤがあり、一般的にはピアノ塗装とも呼ばれています。

木材の表面を塗膜が厚く覆って保護するため、汚れがつきにくく、ツヤがあるので大変高級感がありますキズをつけてしまった場合の補修は非常に困難で、塗装費用も現在の塗装技術で最も工程が多い塗装の為高価です。


ウレタン樹脂塗装7分ツヤ消し仕上げ・・・

ポリウレタン樹脂塗料を用い、表面に硬い塗膜を作るタイプの塗装で、ツヤを控えめにした仕上げです。木の感触を残す仕上げ(オープンポア)も可能な万能選手です。

耐候性、耐摩耗性、耐薬品性が現在の塗料の中では優れており、鏡面塗装に比べ工程も大幅に減る為、価格の面も含め現在の高級家具の主流を占める塗装仕上げです。


オイルフィニッシュ・・・

オイル塗装は、塗料が木材内部に染み込むタイプの塗料のため、表面にウレタンのような硬い塗膜を作りません。そのため、木の触感や温もりをそのまま活かすことができます。

耐久性や日々の清掃という点では、ウレタン塗装に及びませんが、オイル塗装は重ね塗りが可能なため、傷や汚れがついた場合のメンテナンスがウレタン塗装よりも容易なことが特徴です。

削ったり、サンドペーパーを気軽にあてる事の出来るムク材の塗装に適しています。


エコ塗装(自然塗装)・・・

100%化学物質を含まない天然成分から抽出したワックスやオイルの総称です。仕上がりは、字の如く自然な仕上がりのためツヤや塗装による強度はあまり求められませんが、素材の良さを味わいたい方にはお勧めの塗装です。最近はエコ環境などにより官公庁の塗装仕上げにも良く使われております。有名な製品はオスモ、アウロ、リボス等があります。塗膜を形成するのではなく、木部に浸透するタイプの塗料なので、扱いはオイルフィニッシュと同様ですが、塗料自体の価格が高い為塗装費用も若干割高になってしまいます。

関連記事


このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加 Share on Tumblr

タグ: